福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
【相談者】 30代男性 / 福岡県朝倉市在住 / 会社員
【傷病名】 腰椎捻挫、胸椎捻挫、頚椎捻挫、左肋軟骨損傷、左前胸部打撲傷
【活動のポイント】 治療期間のアドバイス・示談交渉
【後遺障害等級】 認定なし
【サポート結果】 適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
傷害慰謝料 80万円
治療費 57万円
通院交通費 1万円
最終支払額 190万円(治療費含む)

首の怪我・後遺障害の解決事例

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 朝倉市在住の男性が片側一車線の道路を直進中に、一時停止線のあるT字路から出てきた車にぶつかられるという交通事故に遭いました。

 被害者男性は事故後、腰椎捻挫、胸椎捻挫、頚椎捻挫、左肋軟骨損傷、左前胸部打撲傷、外傷性腰椎椎間板ヘルニアの疑い、外傷性腰椎椎間板ヘルニアの疑いと診断されました。

 事故から5か月ほど経過し、相手の保険会社から治療終了を迫られているが、まだ痛みもあるので治療を続けたいとのことで、初回はお電話にてご相談いただきました。

 弁護士費用特約への加入があり、本人の費用負担はなかったため、後日書類を返送いただきご依頼いただくことになりました。

 

当事務所の活動

 受任時はまだ治療中で、もうまもなく治療終了予定という段階だったため、まずは治療に専念していただきました。

 事故後6か月間治療を続けてもなお、痛みが残っているということで、今後も痛みが持続する可能性が高いということから、後遺障害の申請についてご案内しました。

 同時に相手方より診断書等の資料を集め、早期解決に向けて準備を行いました。

 病院で、「相手の保険会社が治療費の対応をしなくなった時点からは、もう治療を行わない」と言われてしまうというトラブルがありましたが、無事に症状固定時期まで治療を続けることができました。

 また、後遺障害申請の結果が届き次第すぐに相手方保険会社と示談交渉に移れるように、損害の整理を行い、休業損害証明書などの不足している書類の収集を行いました。

当事務所が関与した結果

 頚椎捻挫により頸部と頭の痛みについて、納得いくまで治療を続け、症状固定とすることができました。

 治療途中で相手の保険会社から治療費の対応を中断されるという自体になっていたところ、弁護士による示談交渉によって、症状固定日までの治療費やそれに伴う交通費を受け取ることができました。

 今回は後遺障害が非該当という結果でしたが、自費でも整形外科へ月に3分の1程度の通院を続けたことから、治療の妥当性を認めてもらうことができました。

 また、慰謝料についても全治療期間に対する金額の補償を受けることができました。

弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士浅野

 事故後3か月頃から、診断書上は医師が治療の継続に否定的であることが見受けられ、相手方打ち切り後は健康保険を使った治療も断られるような状況でした。

 医師が症状固定と判断している以上、相手方に請求できる治療期間ということは困難な状況でしたが、当方から症状固定後であっても依頼者様に健康保険を使った治療継続は可能である旨お伝えし、依頼者様からも医師に対して身体の痛みを訴えられ、なんとか納得行くまで治療をすることができました。

 相手方との交渉においては、実際に通院実績があることや、非該当ではあったものの後遺障害申請を希望するほどに痛みが残存していることなどを理由に、依頼者様が治療を終えられた時期まで治療期間が認められました。

関連ページ

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用