福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
【被害者】 20代男性 / 富山県在住 / 会社員
【傷病名】 肋骨骨折等
【活動のポイント】 示談交渉
【サポート結果】 適切な賠償額の獲得・1か月以内のスピード解決

主な項目 提示額 示談額 増加額
傷害慰謝料 57万円 85万円 28万円

被害者が会社員の解決事例一覧

相談・依頼のきっかけ

弁護士岩間・弁護士小林

 20代男性が、自動車を運転し交差点を青信号で進行中、信号無視で交差点に進入してきた自動車に衝突されるという交通事故に遭いました。

 男性は約3か月通院していましたが、治療終了と同時に相手方から示談に関する提示書面が届いたため、金額が妥当かどうか判断してもらいたいとのことで弊所にご相談いただきました。

当事務所の活動

 ご依頼後、まず、相手方から届いた提示書面を確認させていただきました。

 その結果、傷害慰謝料の部分の増額交渉ができると判断し、相手方へ受任通知すると同時に、弊所で算定した弁護士基準での慰謝料額を相手方保険会社に請求いたしました。

当事務所が関与した結果

 弊所の請求に対して相手方保険会社からの最初の回答は事前提示の金額から約10万円増額した金額での示談提案でした。

 その金額は弊所からの請求額をまだ大幅に下回るものであったため、その後数回に渡り増額交渉を続けました。

 そして、最終的には事前提示額から約28万円増額となる85万円という金額を相手方から引き出すことができました。

弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士岩間

 本件では、傷害慰謝料を増額することができるかがポイントでした。

 傷害慰謝料は、通院期間等を考慮して算定されることが多いですが、<>弁護士が介入していない場合には、相手方保険会社は、最低限度の慰謝料額で示談しようとしてくることが多いです。

 また、弁護士が介入したとしても、弁護士の交渉のやり方によっては正当な金額まで増額しないこともあります

 慰謝料をいくらで示談できるかは、トータルの示談金額に大きく影響しますので、慰謝料交渉に精通した弁護士による介入の必要性は高いといえます。

 本件でも、過去の経験等を踏まえ粘り強く交渉することで、提示金額の約1.5倍である28万円の慰謝料増額に成功しました。

2021.6.4掲載

お客様アンケート

お客様アンケート

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用