西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

後遺障害認定後、交渉を開始してから1週間ほどで迅速に示談解決した事例

後遺障害等級認定サポートで14級認定、示談で裁判基準のほぼ満額の慰謝料が補償された事例

【相談者】 60代男性 / 佐賀県唐津市在住 / 自営業
【傷病名】 頚椎捻挫、変形性頚椎症、頸部脊柱管狭窄症、右膝打撲傷、
右膝内障、右膝内側半月板断裂
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【後遺障害等級】 14級
【サポート結果】 適切な後遺障害等級認定・適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
傷害慰謝料 90万円
後遺障害慰謝料 99万円
逸失利益 65万円
休業損害 10万円
最終支払額 268万円(治療費除く・自賠責保険金含む)

後遺障害14級の解決事例一覧

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 唐津市在住の男性が信号のない交差点を直進中、一時停止線のある左側の道路より車が出てきたため、急ブレーキを踏んだところ、後方車両から追突されるという交通事故に遭いました。

 本件事故により、被害者男性は頚椎捻挫、変形性頚椎症、頸部脊柱管狭窄症、右膝打撲傷、右膝内障、右膝内側半月板断裂の怪我を負いました

 初めてのことで対応等わからないので、やり取りを全ておまかせしたいということで、お電話にてご相談いただきました。

 自家用車に弁護士費用特約がついており、ご本人様が費用を負担する必要もなかったため、後日書類を返送いただき、ご依頼いただくこととなりました。

 

当事務所の活動

 ご相談をいただいた時は事故から3ヶ月経った頃で、まだ治療中だったため、まず治療に専念していただきました。

 半月板断裂という診断を受けていましたが、被害者男性は60代であったことや事故から約2ヶ月経って初めて半月板断裂の診断をされたため、交通事故による怪我ではないと主張される恐れがありました。

 そういったことも踏まえて、被害者と治療方法について、手術を行うかなどを検討しました。

 同時に、相手の保険会社より必要書類の取り付けを行い、後遺障害の申請も行うべきか検討いたしました。

当事務所が関与した結果

 治療の方針について、依頼者と病院で話し合っていただいた結果、半月板断裂の手術は行わず症状固定とすることになりました。

 症状固定時の怪我の状況や通院状況から、後遺障害の申請を行うことにしました。

 その結果、右膝内側半月板に経年性の変形断裂の所見が窺えるものの、治療状況や症状経過等から「局部に神経症状を残すもの」として14級9号に認定されました。

 その後、示談交渉に移りました。

 通常、示談交渉開始から解決まで1ヶ月~2ヶ月ほどかかることが多いです。

 しかし今回は、交渉を開始してから1週間ほどで迅速に示談解決することができました。

 また、傷害慰謝料90万円・後遺障害慰謝料99万円と、いずれも裁判基準のほぼ満額を受け取ることができました。

浅野弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士浅野

 半月板損傷については、後遺障害の認定の際にも指摘されていたように、治療経緯や損傷状況から、経年性の可能性が高く、裁判となった場合には認められない可能性が相当程度あるものでした。

 そのような可能性について、被害者様ご本人や、相手方とも十分に話し合いを行った結果、手術については行わないものの、被害者様の症状に見合った適正な賠償を獲得できたと思います。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用