西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

後遺障害等級認定サポートにより首・腰にそれぞれ14級9号が認められた事例

【相談者】 30代女性 / 佐賀県鳥栖市在住 / 会社員
【傷病名】 頚椎捻挫、腰椎捻挫
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【後遺障害等級】 14級9号
【サポート結果】 適切な後遺障害等級認定・適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
傷害慰謝料 91万円
後遺障害慰謝料 95万円
逸失利益 97万円
休業損害 26万円
通院交通費 5万円
最終支払額 290万円(治療費除く・自賠責保険金含む)

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

首の怪我の解決事例一覧  腰の怪我の解決事例一覧

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 鳥栖市在住の30代の女性が先頭車両で信号待ちのため停車していたところ、後ろから車にぶつかられ、3台が絡む玉突き事故に巻き込まれました。

 この事故により、被害者の女性は頚椎捻挫、腰椎捻挫の怪我を負いました。

 事故から3週間が経った頃、今後どうすればよいかわからないということでご相談に来所されました。

 しかし、その時点では、弁護士費用特約に加入していなかったこともあり、弁護士が入ることで確実に弁護士費用以上に増額できると言い切れなかった(依頼することで損をしてしまう可能性があった)ためすぐに介入はせず、治療のアドバイス等をさせていただき、治療が終わった頃にまた連絡をもらうことになりました。(参考:費用倒れとは?

 事故後6ヶ月間治療を続け、損害調査会社から怪我の状態について何度も聞かれるようになったため、アドバイスがほしい、可能であれば依頼したいということで再度ご相談いただきました。

 治療をしっかりと受けられており、弁護士費用以上に増額できる可能性があるということでご依頼いただくことになりました。

 

当事務所の活動

 今後の方針について協議した結果、痛みがまだ残っていたものの事故から半年ほど経っていたため症状固定とし、後遺障害の申請にうつることになりました。

 こちらから相手方保険会社へ連絡を入れて、損害調査会社から依頼者への連絡も控えてもらいました。

 その際に損害調査会社からの連絡は休業損害が発生しているかの確認のためだったことが判明したため、依頼者と連絡を取り、休業損害に関する資料の収集を依頼しました。

 それと並行して後遺障害申請のための必要書類の取り寄せも行いました。

 今回は車の修理費が約50万円という高額なものだったため、事故の衝撃の大きさを示すためにも修理費見積書や車の破損写真も後遺障害申請時に添付しました。

当事務所が関与した結果

 後遺障害申請の結果、

  1. 頚部受傷後の頚部痛、頭痛、左上肢(左前腕外側~1,2,3指)のしびれ感
  2. 腰椎捻挫後の腰痛、左下腿の歩行時の痛み、右下腿外側のしびれ感

について、「局部に神経症状を残すもの」として、それぞれ14級9号の認定を受けることが出来ました。

 その後、示談交渉にうつりました。

 相手方保険会社が気にかけていた休業についても、こちらでしっかりと調査した上で請求したため、特に争いになることもなく、合計290万円という適正な金額で示談することができました。

浅野弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士浅野

 後遺障害の認定をしっかり獲得できたことが、大きな解決のポイントでした。

 強い痛みが残っていたことはもちろんのこと、依頼者が整骨院ではなく整形外科に通われていたこと、実治療日数100日以上としっかり通院を続けたことが後遺障害14級を認められることに繋がりました。

 また、相手方は休業の必要性について疑問を抱いていましたが、事故の衝撃も大きく、被害者の方が整形外科にしっかり通院され、その結果後遺障害が認められたことで、相手方も休業の必要性を認めるに至りました。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用