福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

交通事故が原因で仕事を休んだ分の損害や賞与減額分を含む約2100万円が補償された事例

被害者 40代男性 / 福岡県北九州市在住 / 会社員
傷病名 左鎖骨骨幹部骨折、左外傷性難聴、左顔面神経麻痺、外傷性くも膜下出血
活動のポイント 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
サポート結果 後遺障害認定・休業損害の補償・適切な金額での賠償

主な項目 金額
傷害慰謝料 約130万円
後遺障害慰謝料 約420万円
休業損害 約200万円
逸失利益 約1350万円
最終支払額 約2100万円

鎖骨の怪我の解決事例一覧

相談・依頼のきっかけ

弁護士岩間・弁護士小林

福岡県北九州市在住の40代の男性会社員が、原付バイクを運転し国道バイパスを走行していたところ、合流地点から本線に入ろうとした車が男性のバイクに気づかず接触するという交通事故に遭われました。

男性はこの事故で左鎖骨骨幹部骨折、左外傷性難聴、左顔面神経麻痺、外傷性くも膜下出血等の大怪我を負い、緊急搬送先の病院で即日入院となりました。

退院後も治療を継続され、交通事故から約3か月経過したタイミングで当事務所にご相談いただきました。

交通事故に遭い入院を余儀なくされ、仕事を休まざるを得なかった分や賞与の査定にも影響してしまった分の補償、治療終了後の後遺障害の申請をサポートして欲しいということでご依頼いただくこととなりました。

当事務所の活動

ご依頼いただいた時点ではまだ治療中であったため、保険会社との窓口をすべて当事務所で引き受け、治療に専念いただけるようにしました

また、治療期間中に生活に支障が出ないよう、休業損害や賞与の減額分の内払い交渉などのサポートを行いました。

その後も懸命に治療いただいたものの残念ながら完治とはならず症状固定となり、後遺障害診断書等の必要書類を揃え、後遺障害申請を行いました。

当事務所が関与した結果

後遺障害申請の結果、併合11級の後遺障害が認定されました。

認定後、保険会社との交渉に移り、入院をしなければならなかった程の事故であったこと、後遺障害が残ることで今後の生活に影響が出てしまうことなどを丁寧に主張し、示談交渉開始から約2週間ほどで、約2100万円が補償される内容で示談解決となりました。

弁護士の所感(解決のポイント)

今回、ご依頼者様は交通事故で重傷を負い、懸命に治療を続けるものの終わりが見えないという大変な状況の中でご相談いただきました。

仕事復帰もままならない状況でいろいろな不安を抱えらてた中でのご依頼となりましたので、治療に専念いただけるよう保険会社との窓口をすべて当事務所で引き受け、また、金銭面で生活に支障が出ないように交渉するなど、まずはまずは安心して治療を受けていただけることを第一に考えました。

最終的には後遺症が残ってしまいましたが、適切な金額が補償されたことは本当によかったです。

交通事故に巻き込まれると、怪我だけではなく様々なストレスが被害者を苦しめます。

弁護士にご依頼いただくことで、それらの不安やストレスを軽減できるようサポートさせていただくことが可能となりますので、交通事故の被害でお悩みの方は、まずはお気軽にご相談だけでもご利用いただければと思います。

2022.5.27掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用