西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

後遺障害逸失利益0円の提示から191万円へ増額した事例

【相談者】 男性(40代) / 福岡県在住 / 職業:会社員
【傷病名】 頚椎捻挫、腰椎捻挫、左肩関節捻挫、右太腿、右下腿打撲等
【後遺障害等級】 14級
【活動のポイント】 示談交渉
【サポート結果】 適切な賠償額獲得

主な損害項目 受任前 受任後 増加額
後遺障害喪失利益 0円 191円 191円
後遺障害慰謝料 75万円 110万円 35万円
総賠償額 75万円 301万円 226万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 福岡県在住の40代男性が車で走行中、後方を走行していた車に時速80KM程で追突される交通事故に遭い、頚椎捻挫、腰椎捻挫、左肩関節捻挫、右太腿、右下腿打撲等の怪我を負われました。

 ご相談時は、治療も終了して、既に後遺障害14級の認定を受けられており、傷害部分は保険会社との間で示談されておりました。

 後遺障害部分の賠償金を保険会社から提示されたところで、今後の示談交渉をお願いしたいというご意向で、ご依頼いいただくことになりました。

当事務所の活動

 ご相談・ご依頼をお受けしたのが後遺障害の提示がきていたタイミングでしたので、裁判基準で示談できるように交渉しました。

 その結果、後遺障害部分を裁判基準満額で早期解決することができました。

当事務所が関与した結果

 依頼者は、事故が原因で長距離の運転ができなくなり、デスクワークでも連続1時間以上は座り続けられなくなったため、事故当時の勤め先を退職せざるを得なくなりました

 ご相談時までには同業他社に再就職できていたのですが、収入が減少しておりました。

 当事務所が関与して相手方保険会社と交渉する中で、上記のような事情がありながら、逸失利益なしということはあり得ないということを主張し、収入減少の状況、依頼者の具体的な支障の内容等を詳細に説明しました。

 その結果、裁判で認められるであろう逸失利益の満額が認められた上、後遺障害慰謝料についても裁判基準の満額が認められました。

弁護士 澤戸博樹の所感(解決のポイント)

弁護士澤戸博樹

 今回のケースのように、後遺障害が認定されているにもかかわらず、保険会社が何らかの理由をつけて後遺障害逸失利益をゼロ円で提示してくることがあります

 後遺障害が残っているのだから逸失利益も認められるはずだと主張して争っても、保険会社はなかなか増額に応じません。

 今回のケースでは、事故前後の収入の推移や、仕事への支障の内容を具体的に説明し、保険会社を納得させられたことが、上記解決につながったものと考えられます。

お客様の声

お客様の声20171215

2017.12.15掲載

おすすめコンテンツ

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

後遺障害等級認定サポート

弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用
交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら