西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
  • HOME>
  • 追突事故の被害者が後遺障害等級認定サポートで14級認定を受けた事例

追突事故の被害者が後遺障害等級認定サポートで14級認定を受けた事例

【相談者】 女性(40代) / 福岡市在住 / 職業:主婦
【傷病名】 外傷性頚部症候群、頭部打撲傷、腰椎捻挫
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【後遺障害等級】 14級
【サポート結果】 後遺障害等級認定・適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
傷害慰謝料 96万円
後遺障害慰謝料 88万円
逸失利益 67万円
休業損害 34万円
最終支払額 305万円(自賠責保険金含む)

後遺障害14級の解決実績一覧

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 福岡市在住の40代の女性が赤信号で停車中に後ろから追突されるという交通事故に遭われました。

 事故により依頼者は、外傷性頸部症候群、頭部打撲傷、腰椎捻挫等の怪我を負われました。

 ご相談時は事故から6ヶ月経っており、保険会社からそろそろ治療は終了してもよいのではないかと打診があったが、まだ痛みがあるので通院したい、示談までサポートをお願いしたいとのご希望があり、ご相談に来所され、その場でご依頼いただくこととなりました。

当事務所の活動

 ご依頼いただいた時点で、ご本人は通院を希望されていらしたため、まずは治療に専念していただくことにしました。

 その2ヶ月後、十分な治療を受け、痛みの度合いに変化がなくなったため、症状固定となりました。

 残念ながら、頭や首の痛み、左足のしびれが残り、家事に支障が出ているということで、後遺障害の申請を行うこととなりました。

 事故前に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けており、腰の様態については、事故による後遺障害と認めてもらうことは難しいかと不安視していたため、適切な認定が得られるような書類の準備を行いました。

当事務所が関与した結果

 後遺障害申請の結果、不安視していた腰に関しても「局部に神経症状を残すもの」として14級9号に、頸に関しても同様に14級9号に、あわせて併合14級の後遺障害の認定を得ることが出来ました。

 その後、示談交渉にうつりました。

 交渉の結果、被害者はパートとして勤務していたものの、ご主人とお子様3名と同居されている主婦であったため、パートとしての実収入よりも多い、女性の平均賃金をもとに算定した金額で休業損害及び逸失利益の補償を受けることができました。

 これにより、裁判を行うことなく、総額305万円(自賠責保険金含む)の適切な賠償を受けることができました。

弁護士江藤豊史の所感(解決のポイント)

弁護士江藤豊史

 後遺障害申請の際、重要になってくるのが後遺障害診断書の記載の仕方です。

 本件では、診断書作成前の段階で相談に来ていただいていたため、後遺障害診断書のサポートをすることができ、認定につながったと思います。

 また、主婦という仕事は実際にお金が発生しているわけではありませんが、毎日の家事労働には少なからず怪我による支障が出ています

 そのため、主婦の労働を金額に換算して、家事労働における損害も請求することができるのです。

 しかし、兼業主婦の場合、ご自身で保険会社と交渉すると主婦の休業損害が支払われないことが多いです。

 本件でも当初、相手方は主婦の休業損害の支払いに難色を示していましたが、しっかりと法的主張をすることにより、最終的には主婦の休業損害の補償を得ることができました。

お客様の声

お客様の声20190628

2019.6.28掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用