福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
【相談者】 40代女性 / 福岡県太宰府市在住 / 会社員
【傷病名】 右膝打撲、右膝脛骨高原骨折、右膝関節捻挫、右膝関節水腫、
右足関節捻挫、右下腿部打撲
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【後遺障害等級】 14級9号
【サポート結果】 適切な後遺障害等級認定・適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
傷害慰謝料 112万円
後遺障害慰謝料 99万円
逸失利益 49万円
休業損害 15万円
最終支払額 280万円(自賠責保険金含む)

膝の怪我・後遺障害の解決事例

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 太宰府市在住の40代女性が、交差点の横断歩道を青信号で歩いて横断していたところ、右後方から左折してきた車に衝突されるという交通事故に遭いました。

 被害者女性は、この事故によって右膝脛骨高原骨折・右膝関節捻挫・右膝関節水腫・右足関節捻挫・右下腿部打撲等の診断を受けました。

 事故から4か月ほど経ったころに、相手方保険会社から病院へ医療照会を行うと連絡がありました。

 まだ怪我も良くなっていない状況だったため、治療費の打ち切りを打診された時の対応や最終的な示談金の交渉などを任せたいとのことで、来所にてご相談されました。

 弁護士費用特約の加入はありませんでしたが、ご依頼いただくことで弁護士介入のデメリットはなかったため、その場でご依頼いただくことになりました。

 

当事務所の活動

 ご依頼いただいた時点では、まだ痛みもあり、医師が作成した診断書にも「治癒には至っていない」という記載があったため、まずは治療に専念していただきました。

 事故から7か月ほど経った頃、依頼者より病院の医師に相談いただき症状固定となりました。

 症状固定となったものの、右膝には痛みが残ったままでした。

 相手方保険会社へ診断書などの取り付けを行うと同時に、ご本人へは医師に後遺障害診断書を作成していただく際の注意点をアドバイスするなど、後遺障害申請のサポートを行いました。

当事務所が関与した結果

 後遺障害申請の結果、右膝痛・可動時痛等について、骨折部の骨癒合は良好であり関節面の不正も認められないものの、骨折の状況・症状経過・治療経過等から「局部に神経症状を残すもの」として第14級9号の認定を受けることができました。

 この認定結果を踏まえて、相手方保険会社と示談交渉を行いました。

 傷害・後遺障害慰謝料はともに裁判基準の9割逸失利益は裁判基準の満額の金額で示談し、自賠責保険金を含めて280万円の補償を受けることで解決となりました。

浅野弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士浅野

 相談時、相手方より具体的な治療終了の話が来ているわけではありませんでしたが、将来的に弁護士を入れたいと思っているとのことでご相談に来られました。

 過失なども踏まえて考える必要がありますが、半年程度の治療が見込まれ、骨折等のお怪我をされている場合は、後遺障害の認定可能性もあり、たとえ弁護士費用特約がなく弁護士費用を支払ってでも、ご本人様で保険会社と示談するより高額な賠償金を得られる可能性が高いです。

 本件も、後遺障害等級獲得のサポートや弁護士基準での示談交渉などで、被害者の方の損害に見合った適正な賠償金を獲得することができました。

 弁護士費用特約に加入がない場合でも、まずは無料相談にてご相談ください。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用