福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
【相談者】 30代女性 /太宰府市在住 / 主婦
【傷病名】 頚椎捻挫、腰椎捻挫、両下腿打撲
【活動のポイント】 弁護士に依頼したこと保険会社に通知するタイミング調整・示談交渉
【サポート結果】 適正な治療期間の確保

主な損害項目 金額
休業損害 38万円
傷害慰謝料 65万円
合計額 105万円(治療費除く)

腰の怪我・後遺障害の解決事例

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 太宰府市在住の30代女性が車を運転中、前方の車が急ブレーキで停車したため、自分も急ブレーキで止まったところ、後続車に追突され、その衝撃で前の車にも衝突するという3台玉突き事故に遭いました。

 事故により、車は前後から受けた衝撃でガラスが大きく割れるなど修理ができないほどの損傷を受けました。

  また、被害者の女性は、頚椎捻挫、腰椎捻挫、両下腿打撲等の怪我を負いました。

 事故後約3か月間通院を続け、医師からそろそろ治療を終わってはどうかと言われたがまだ痛みがあるので通院を続けたい、ということでご相談されました。

 小さな子どもがいるとのことで、お電話でご相談いただきました。

 弁護士費用特約がついていたため、ご本人様の負担もないということでご依頼いただくことになりました。

当事務所の活動

 相談時点で、まだ相手方保険会社からは治療の終了を打診されていなかったため、まずは、医師に痛みがあること、まだ治療を受けたいこと、治療を受けると症状が改善することなどを伝えていただくよう、治療継続のためのアドバイスを行いました。

 また事故から3か月経過しているということから、弁護士に依頼したということがきっかけになって相手方保険会社が治療終了を求めてくる可能性を考え、相手方保険会社へは弁護士に依頼されたことを通知せず、依頼者には治療に専念していただきました。

 治療期間中も相手方保険会社から依頼者へ連絡は時々入りましたが、都度対応方法をお伝えし、サポートを行いました。

 それから約2か月間治療を続けて事故から5か月たった頃、痛みが軽減し治療終了となることが決まりました。

 このタイミングで相手方保険会社へ、弁護士がついたことを通知し示談交渉に向けた準備を行いました。

当事務所が関与した結果

 今回は、無事治療も終了し後遺障害が残らなかったため、後遺障害申請は行わず、保険会社との示談交渉に進みました。

 示談交渉の結果、合計約105万円の補償を受けることができました。

 慰謝料は、事故から治療終了までの期間をもとに算定されるものです。

 万が一医師から治療終了について話を受けた事故から3か月時点で、痛みが残ったまま治療を終了していたら半分ほどの金額しか獲得できなかった可能性が高いです。

弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士荻野哲也

 被害者の方からすれば、治療が必要な間は、保険会社から治療費を支払ってもらう必要があります。

 しかし、治療が十分ではないのに、治療費対応を打ち切られることは少なくありません。

 今回は、治療費対応打ち切り前にご相談いただき、弁護士からアドバイスさせていただいたことで、長く治療費対応をしてもらうことができました。

 また、賠償額の面では、今回の事故により、家事や子育てに苦労があったことを主張し、他の事例と比較しても高額の休業損害が認められました。

 早めにご相談いただけたことと家事への支障を具体的にお話いただけたことが、良い解決につながったと思います。

 金額という面でしっかりとした補償を得られたことはもちろんですが、お体の痛みの改善という面で納得のいく結果を残すことができ、依頼者にもご満足いただくことができよかったです。

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用