福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
                   
  • 福岡交通事故被害者相談TOP>
  • 保険会社の提示額からの増額に成功し、ご依頼後約1か月かからずスピード解決した事例
【被害者】 女性(20代) / 福岡県在住 / 会社員
【傷病名】 頚椎捻挫、腰椎捻挫等
【活動のポイント】 示談交渉
【サポート結果】 保険会社の提示額から13万円増額・1か月以内のスピード解決

項目 保険会社提示額 示談額 増加額
傷害慰謝料 60万円 73万円 13万円

首の怪我・後遺障害の解決事例一覧

お客様の声

お客様の声

相談・依頼のきっかけ

弁護士向井・弁護士野中

 福岡県在住の20代女性が、自動車を運転し信号のないT字路を直進しているときに、左側から一時停止をせずに左折してきた自動車に衝突されるという交通事故に遭いました。

 女性はこの事故で頚椎捻挫・腰椎捻挫などの怪我を負い、数か月の通院を余儀なくされました。

 幸いにも怪我は完治しましたが、治療終了と同時に相手方から示談に関する提示書面が届きました。

 保険会社が提示してきている金額が妥当かどうか判断してもらいたいとのことで親戚の方にご紹介いただき、弊所に相談にいらっしゃいました。

当事務所の活動

 まず、相談時に依頼者の方に保険会社から届いた賠償金の提示に関する書面を確認させてもらいました。

 書類を確認したところ、傷害慰謝料の部分が適正な基準で計算されておらず、弁護士による交渉で増額が可能であると判断し、弊所において弁護士基準で慰謝料の金額を計算し、受任通知(弁護士が介入することを保険会社に知らせる書類)を送ると同時に相手方への請求をいました。

当事務所が関与した結果

 こちらからの請求額に対して相手方からの第一回目の回答がすぐにありましたが、その金額は事前提示の金額から約3000円増加しただけのものでした。

 その金額はもちろん納得の行くものではなかったため、その後数回に渡り交渉を続けました。

 そして、最終的には事前提示額から13万円増額となる73万円という金額を相手方から引き出すことができ、示談解決となりました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 本件は、幸いにも怪我が完治されていたため、争点が慰謝料交渉のみの案件でした。

 慰謝料に関しては、基本的には通院期間で大まかな金額が決まってしまうことが多いです。

 そのような状況から、慰謝料を増額するには、ご依頼者の方の個別的な事情を主張し、相手方にご依頼者の精神的苦痛を理解してもらう必要があります。

 本件では、相談時から、依頼者の方の通院の大変さや事故が生活に与えた影響、交渉経緯等をしっかりききとっていたため、そのような事情を主張することができ、慰謝料を増額することができました。

 ご依頼から1か月たたずスピード解決となり、よかったです。

2021.10.15掲載

関連ページ

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用