福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
【被害者】 70代女性/福岡県飯塚市在住/兼業主婦
【傷病名】 頚椎捻挫、前胸部打撲傷等
【相談されたいこと】 ・今後の治療について
・後遺障害申請について

現在の状況

相談風景

午前11時ごろ、私の妻が、妻の妹の運転する車に乗って、片側二車線の道路を走行していたところ、対向車がセンターラインを越えてきて、衝突されるという事故にあってしまいました。

乗車していた車はエアバッグが作動するほどの衝撃で大破しており、妻は妹と共に救急車で緊急搬送されました。

搬送先の病院で、妻は前胸部打撲傷、頚椎捻挫の診断を受け、運転手していた妹は右側胸部打撲傷の他、左手背と右肘の打撲傷との診断を受けました。

事故からもう少しで半年になりますが、二人ともいまだに全身の痛みが強く、特に運転席にいた妹は相手方車両と強く接触したこともあり、両手が上がらない、首が動かないなどの症状が残っている状況です。

懸命に治療を継続していますが、なかなか改善が見られず精神的にも負担が大きくなっているようです。

ご相談内容

事故から半年近くになる現在まで、治療を継続しても思うように改善がみられず、今も残っている症状は後遺障害になるのではないかと思っています。

今のところ相手の保険会社から治療費の打ち切りなどは言われていませんが、納得できるまで治療を継続して後遺障害の申請をしたいと思っています。

後遺障害の手続きについては、わからないことが多いので、手続きをお任せしたいです。

また、今後相手方保険会社から治療費の対応終了の話があった場合に、その後の治療はどのようにしたらいいのかなどについて、相談したいです。

他の法律事務所にも相談をしましたが、引き続きインターネットで交通事故の弁護士を探していた時に貴社のホームページを拝見し、他の事務所と比較してよさそうだと感じたため、相談させていただきました。

関連ページ

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用