西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

死亡事案で、訴訟で相手方の不誠実性を主張し、3,400万円の補償を受けた事例

1.事故発生

 福岡県在住の70代の専業主婦の女性が、自転車で走行中に自動車にはねられるという交通事故に遭い、救急搬送されたものの、出血性ショックで亡くなられました。

2.相談・依頼のきっかけ

 ご遺族が、母親を失ったことによる「正当な補償額を知りたい」とのことで相談を受けました。

3.当事務所の活動

 当方としては、直ちに損害計算したうえで相手方保険会社に対し請求しました。

 これに対して相手方保険会社は、不合理な理由でなかなか回答を提示せず、時間だけが過ぎていきました。

 再三の催促にもかかわらず、請求から2ヵ月以上経過しても一向に回答が来ないという遺族感情を無視した対応であったため、訴訟提起することにしました。

 訴訟において相手方は、基礎収入や慰謝料額等あらゆる点について否定してきました。

 これに対して、当方としては、基礎収入については、被害者の具体的家事従事の程度や健康面などを具体的に主張し、家事従事者として一般的な70歳の主婦の方以上の家事従事をしていたことは明らかであると主張しました。

 また、慰謝料については、依頼者が遺族の事故後の姿に立ち会い、甚大な精神的苦痛を受けたこと、居眠り運転という加害者の運行態様が極めて悪質であること、保険会社の対応、加害者の対応がきわめて不誠実であったことなどを具体的に主張しました。

 さらに、生活費控除率についても実際の生活において生活費以外の使っていた費用が多かったことを具体的に主張し、生活費控除率は一般的な年金生活をしている女性に比べて低いことを主張しました。

4.当事務所が関与した結果

逸失利益  1,040万円
死亡慰謝料  2,200万円

 その結果、裁判における和解で葬儀費用等を含めて合計約3,400万円の賠償金を得ることで解決することができました。

5.解決のポイント(所感)

 遺族の方は、事故により多大な精神的苦痛を負っているにもかかわらず、その後、加害者や保険会社の態度によりさらに傷つけられるなど、1度の事故で2度も多大な精神的苦痛を負ってしまいました。

 当事務所との打ち合わせの中でも、やり場のない怒りをあらわにされ、苦しんでおられました。

 しかし、当方らで被害者の方の命を軽く見られないように、また、遺族の方への正当に保障を受けるため最大限の主張をしてきました。

 訴訟の終盤では一定の区切りを付けないといけないことは理解されておられましたが、お母様の無念さをどのように終結させるべきか悩んでおられました。

 最終的には、裁判官からの和解案の上で、上記賠償金で解決することができました。

 解決した後は、遺族の方の顔も見違えるほどに晴れ晴れとして、大変満足頂いた姿を見ると、こちらとしても非常に満足のいく結果となりました。

 また、遺族の方から、「これで一つの区切りになり、再出発することができます」との言葉をいただき、遺族の方のお気持ちの整理の手助けをすることができたと実感しました。

6.お客様の声

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。

 インターネットの検索でこちらのHPを見つけ、他にもいくつか弁護士とお話しをさせていただいて、宮田弁護士のお人柄がとても良い印象だったこと、福岡市内であること、交通裁判の実績をお持ちであることです。

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入ください。

 親切、ひとつだけ苦言を申し上げるとすれば、事務所の移転について事前にご連絡をいただけなかった際に、少し不信感と不安を抱きましたが、その後のご対応で良い信頼関係が保てた思ってます。

お客様アンケート(交通事故)20140109
こちらをクリック

2014.01.09掲載

死亡事故のご遺族の方へ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用