西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

Q.親族の慰謝料はどこまで認められますか?

A

 交通事故によって被害者が亡くなられた場合に、「被害者の父母、配偶者及び子」について、固有の慰謝料請求権が認められています。「固有の」とは、被害者本人の慰謝料とは別に、という意味です。

 そして、判例では、上記法律によって認められる近親者の慰謝料の範囲を拡大して、次の者にも固有の慰謝料を認めています。

 最高裁昭和49年12月17日の判例では、「被害者との間に同上所定の者(被害者の父母、配偶者及び子)と実質的に同視しうべき身分関係が存し、被害者の死亡により甚大な精神的苦痛を受けた者」についても、固有の慰謝料を認めています。この判例では、被害者の夫の実の妹(義理の妹)に固有の慰謝料が認められました。

 このことから、被害者と強い関わりを持つ方(たとえば、被害者の兄弟姉妹や内縁関係にある者など)には、固有の慰謝料が認められる場合があります。

 最高裁昭和33年8月5日の判決では、死亡の場合だけでなく、死亡したのに比較しうべき精神上の苦痛を受けた場合にも、近親者に固有の慰謝料が認められています(母子家庭で育ててきた娘に、医療によって除去しえない著名な瘢痕が残ったケース)。

 このことから、重度の後遺障害が残った場合にも、被害者本人とは別に、近親者固有の慰謝料が認められる場合があります。

高次脳機能障害を弁護士に相談

死亡事故のご遺族の皆様へ

関連ページ

【慰謝料Q&A】死亡慰謝料とはなんですか?

【慰謝料Q&A】傷害慰謝料とはなんですか?

【慰謝料Q&A】後遺障害慰謝料とはなんですか?

koutujikoQ&A.png

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用