西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

死亡事故で当初の提示額から約3,300万円増額し適切な賠償額で解決した事案

【相談者】 ご遺族:男性 / 福岡市在住
被害者:男性(50代)/ 長崎県佐世保市在住 / 職業:運転手
【傷病名】 死亡
【活動のポイント】 適切な賠償額の獲得
【サポート結果】 提示額より約3,300万円の増額に成功

主な損害項目 サポート前 サポート後 増加額
死亡逸失利益 2,938万円 3,563万円 625万円
死亡慰謝料 2,200万円 2,800万円 600万円
近親者慰謝料 0円 700万円 700万円
最終支払額 4,800万円 8,100万円 3,300万円

1.相談・依頼のきっかけ

相談風景

 50代の福岡市在住の男性がバイクで直進していたところ、対向車線を直進走行してきた飲酒運転の加害車両が、中央線を越えて被害者の走行する車線に進入し、衝突される事故に遭い、亡くなられました。

 親族の方よりご相談のお電話をいただいた時点では、すでに相手方の保険会社から示談金4,800万円の提示をされているところでした。

 相手方からの示談提示額が妥当かという点についてご相談を受け、ご依頼をお受けすることになりました。

2.当事務所の活動

 ご来所いただき事故状況をお伺いした時点で極めて悪質な事故であることが明らかとなり、裁判をすることで慰謝料増額事情や高額の近親者慰謝料が認められる事案であると判断しました。

 そこで、受任後すぐに刑事記録の取付と訴訟提起のための金額算定、資料収集をはじめ、準備が整い次第すぐに訴訟提起しました。

3.当事務所が関与した結果

 裁判では刑事記録をもとに本人慰謝料及び近親者慰謝料の増額主張を中心に行い、結果的に、当初の相手方保険会社の提示額より約3,300万円増額することができました。

4.弁護士 向井 智絵の所感(解決のポイント)

弁護士向井智絵

 数多くある交通事故の中でも、極めて悪質な死亡事故でした。

 死亡事故である以上お亡くなりになられたご本人及びご遺族の方々にとってみれば、当然ながらいくら賠償されても納得できないのは当然のことです。

 私たちも、ご遺族の方々の思いの全ては理解できてないのかもしれません。

 そのような状況の中で、私たちとしては、少しでもご本人の無念を晴らし、ご遺族の方々が今後生活していくうえで経済的な不自由さを感じることがないように、精一杯取り組ませていただきました

 今回は、本人慰謝料2,800万円、遺族慰謝料700万円の合計3,500万円という、他の事例と比較してもかなり高額な慰謝料の賠償が認められました

 今回の事件を通して、改めて、飲酒運転の危険性を痛感し、交通事故被害者の救済を専門的に扱う弁護士としてできること、やるべきことを考えさせられました

2017.01.06掲載

関連ページ

死亡事故のご遺族の方へ

おすすめコンテンツ

弁護士選びのポイントご相談の流れ弁護士費用

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら