福岡の弁護士による交通事故相談は事故に強いたくみ法律事務所へ
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所
【被害者】 女性(30代) / 福岡市在住 / 職業:会社員
【傷病名】 頭部挫創、右頬部挫創、左膝擦過創等
【活動のポイント】 後遺障害等級認定サポート・示談交渉
【サポート結果】 後遺障害等級認定・適切な賠償金獲得

主な損害項目 金額
傷害慰謝料 約105万円
後遺障害慰謝料 110万円(裁判基準)
休業損害 約65万円
逸失利益 約64万円
総賠償額 約244万円(治療費除く)

醜状障害の後遺障害の解決事例一覧

相談・依頼のきっかけ

弁護士向井・弁護士野中

30代の福岡市在住の女性が、片側2車線の道路を横断中に、左折してきた車に跳ねられるという事故に遭われました。

この事故により依頼者は、頭部挫創、右頬部挫創、左膝擦過創の怪我を負われました。

依頼者の保険代理店より、弊所にご連絡頂いたのは、事故から約2ヶ月半が経過した頃でした。

依頼者は過失割合、後遺障害、今後の治療や賠償基準等、色々と相談したいことがあったため、ご相談となりました。

相談日程の調整を行い、相談当日は代理店の方と依頼者でご一緒にご来所頂きました。

依頼者の保険に弁護士費用特約もついていたことから、相談の場でそのまま受任の運びとなりました。

当事務所の活動

ご相談・ご依頼をお受けしたのは、交通事故から約2か月半が経過した頃でした。

依頼者には物的損害がありませんでしたが、過失検討のため相手方にドラレコの開示請求を行いました。

また、労災対応中でしたが、相手方が診断書を取得しているか確認の上、診断書の弊所への提供依頼を行い、治療経過の確認を行いました。

依頼者はお忙しく、なかなか病院に通えない状況が続きましたが、事故から7か月程経過したところで、症状固定となりました。

その後当方関与のもと後遺障害申請を行いました。

当事務所が関与した結果

本件は労災事故でしたので、依頼者の方にとってわかりにくい手続きもあったかと思いますが、弊所が間に入ることで、治療に専念頂くことが出来ました。

また、治療日数が少ないことがネックでしたが、後遺障害の申請において、無事併合第14級の認定を受けることができました

認定後、示談交渉を行うか、結果に対し異議申立を行うか依頼者に相談した結果、認定結果を前提に、示談交渉へと移りました。

裁判になると、通常訴訟提起してから1年ほどは時間を要する場合が多いのですが、今回は、示談交渉開始から示談成立まで、約1ヶ月でのスピード解決となりました。

弁護士の所感(解決のポイント)

労災事故に関しては、休業損害の計算方法等、わかりにくい部分が多く、専門家に相談しておいた方が、しっかりとした補償を確保できることが多いです。

本件においても、労災で補償されない休業部分がありましたが、相手方と調整し、しっかりとした補償を確保することができました。

また、ご依頼時の段階で、依頼者には後遺障害が残る可能性がありました

そこで、後遺障害の申請を見据えた準備を早い段階から行い、無事、後遺障害の認定を受けることができました。

2021.12.31掲載

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用