西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。
0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

単身者の主婦としての休業損害が認められた事例

単身者の主婦としての休業損害が認められた事例

【相談者】 女性(50代) /福岡市在住/ 職業:主婦
【傷病名】 左足関節捻挫、左足部挫傷、右足関節挫傷、左手関節部挫傷、左手挫創
【活動のポイント】 示談交渉
【サポート結果】 主婦の休業損害認定・適切な賠償額の獲得

主な項目 金額
傷害慰謝料 約78万円
休業損害 約34万円
最終支払額 約145万円

足の怪我の解決事例一覧

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 福岡市在住の50代女性が、仕事帰りに、横断歩道を青信号で渡っていたところ、前方から来た車が急に右折し、気づいたら撥ねられていたという交通事故に遭われました。

 女性はこの事故で、左足関節捻挫、左足部挫傷、右足関節挫傷、左手関節部挫傷、左手挫創等の怪我を負われました。

 ご相談に来られたのは、事故に遭われてから約9ヶ月後のことでした。

 弊所にご相談前に、約6ヶ月間の治療を終えられ、後遺障害の申請をされていました。

 結果は非該当とのことで、異議申立をするか、しないにしても、示談交渉を専門家である弁護士に依頼したいとのことで、ご相談いただく運びとなり、そのままご依頼頂きました。

 

当事務所の活動

 ご相談頂いた際、後遺障害診断書と申請結果をご持参いただき、内容を確認させていただき、ご本人様と相談の上、異議申立は行わず、そのまま示談交渉に移ることにいたしました。

 ご依頼後すぐに相手方に受任通知を送付し、資料を取り寄せ、損害額の計算に移りました。

 損害額の計算にあたり、後遺障害診断書と経過診断書で、症状固定日に違いが見受けられた為、そちらの確認を行いました。

 また、ご本人様自体は単身者の為、本来は主婦休損は認められませんが、諸事情より別居中の成人されているお子様のために家事等行っておられるとお伺いしておりましたので、本件では主婦の休業損害を主張すべく、より詳しく内容をお伺いしました。

当事務所が関与した結果

 本来、単身者の主婦としての休業損害は認められませんが、相談時に、別居中の成人されているお子様のために家事等行っておられるご事情をお伺いしておりましたので、休業損害の請求を行いました。

 その結果、ほぼ満額の主婦の休業損害の補償を受けることができました

 また、その他の損害に関しましても、裁判で認められる金額とほぼ同等の賠償を認めてもらうことができました。

 裁判になると、訴訟提起してから半年から1年くらいかかる場合がほとんどですが、今回ご依頼から示談まで約1か月という短期間でしたので、早期解決となり良かったです。

弁護士の所感(解決のポイント)

弁護士浅野

 相談をお受け付けした時点で、示談交渉に移る方針が決まりましたので、受任後は、すぐに相手方への請求に向けて着手しました。

 受任に至る段階からテンポよく進めたことが、結果として早期解決に繋がったと思います。 

 また、相談者はご相談時、相手方に何が請求出来るのか、またそのためにどうやって交渉を行っていくのかがわからないとお困りでした。

 しかし、今回弁護士に相談いただけたことで、保険会社との交渉のサポートをはじめ、相談者の家庭の事情等に関しましても、詳細にご説明くださったことが、結果として主婦休損等適正な賠償額の補償に繋がりました。

お客様の声

お客様の声

関連ページ

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用