西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

Q.将来の治療費の請求はできますか?

A

 症状固定というのは、治療を継続してもこれ以上良くならない状態のことをいうので、原則として、症状固定後の治療費は交通事故の損害賠償請求としては認められません。

 しかし、症状固定後であっても治療を施さないと症状が悪化する恐れがある場合など治療が必要である場合には手術費、治療費が認められます。

 さらに、症状固定後いまだ治療をしていない将来の治療、手術(10年後に必要な治療費、手術費など)についても、その必要があり、その治療費、手術費の発生が確実である場合などには、将来分についても治療費、手術費が認められるケースがあります。

 また、将来の治療、手術が必要、確定的であるとしても、症状固定後の治療について慰謝料算定の基準として考慮した事案もあります。

 たとえば、左足首の醜状痕が残ってしまった事案で、手術をしても醜状痕が残る可能性があり、改善の見通し、本人の意志等から手術する必要性、確定性があるとはいえないとしつつも、将来手術すればその程度の費用を要すると見込まれるという不安感を抱かせるものとして慰謝料の増額を認めた事案などです(東京地裁平成6年9月20日判決)。

関連ページ

症状固定前からのサポート

【解決実績】三叉神経損傷による障害、将来の手術費用を含め494万円の補償を受けた事案

交通事故Q&Aに戻る

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用