西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分。福岡で交通事故のご相談は九州地方最大級の実績の弁護士法人たくみ法律事務所へ。

0120-043-211
弁護士法人 たくみ法律事務所

保険会社が0円で提示した主婦の休業損害を32万円と認めさせた事例

【相談者】 女性(30代) / 春日市在住 / 職業:兼業主婦
【傷病名】 外傷性頚部症候群、外傷性右坐骨神経痛、頚椎椎間板ヘルニア
腰部捻挫、右肩関節捻挫
【活動のポイント】 加害者の保険会社との交渉、生活に支障が出たことを説明する文書作成
【サポート結果】 主婦の休業損害認定、適正な賠償額の獲得

主な損害項目 金額
休業損害 32万円
傷害慰謝料 84万円
最終支払額 117万円

相談・依頼のきっかけ

相談風景

 30代の春日市在住の美容師の女性が、下り坂になっている直線道路において、道路右側の施設駐車場に入る為、右ウインカーを出して停止していたところ、後続車に追突される事故に遭いました。

 被害者は、本件事故により、外傷性頚部症候群、外傷性右坐骨神経痛、頚椎椎間板ヘルニア、腰部捻挫、右肩関節捻挫等の傷害を負い、整形外科と整骨院併用で通院加療を受けられていました。

 しかし、事故から5ヵ月が程経過した際、相手方保険会社より整骨院への通院について治療費の打ち切りを告げられ、以降は自費で通院を続けられておりました

 今後の治療や後遺障害等級申請、保険会社との治療終了後の示談交渉等について相談をしたいということで、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

当事務所の活動

 ご依頼者様が自費で通院中であり、主治医が治療継続の必要性があるというご見解でしたので、ご依頼者様には、まずは治療に専念していただきました。

 そして、当方にて事故日から治療費打切りまでの経過の診断書を全て取り寄せ、具体的な怪我の内容や治療内容等を確認しました。

 また、後遺障害等級申請を行うにあたり、自費通院分についてご依頼者様にもご協力いただき、病院よりカルテを取り寄せて資料として添付をいたしました。

 残念ながら認定結果は非該当となり、ご依頼者様と今後の方針について検討した結果、傷害部分のみ相手方に請求を行うこととなりました。

当事務所が関与した結果

 相手方保険会社との示談交渉では、主婦をされていたご依頼者様の休業損害の額や傷害慰謝料の額が主な争点となりました。

 特に、休業損害については、当初、相手方保険会社からは、休業したことは聞いていないなどとして、0円での回答でした。

 また、相手方保険会社は、ご依頼者様が美容師であることを理由に、腰に持病があるはずだからそのせいで治療が長引いたと考えられ、素因減額をすべきだなどとも主張されました。

 そこで、休業損害が生じたということを具体的に主張して交渉を続け、その結果、約32万円の休業損害が認められました

 この金額は、裁判で認められると予想される金額よりを上回るものでした。

 また、素因減額の主張に対しては、ご依頼者様にそもそも腰の持病はなく、残っている症状自体も腰部痛ではないから無関係であるとして、保険会社の主張を退けました

弁護士 澤戸博樹の所感(解決のポイント)

弁護士澤戸博樹

 ご依頼者様は、主婦として家事全般を行っていたため、日常的に支障をきたすことは多かったと思います。

 しかし、休業損害が生じていたことをご依頼者様が相手方保険会社に対して、直接、説明して交渉し、相手方保険会社を納得させることは労力がかかり、困難です。

 事故の影響で具体的に生活にどのように支障がでているのかを詳細に聞き取り、それを元に文書を作成し、根気強く説明することがとても重要です。

 結果として、当初の休業損害0円の回答からの大幅増額となり、被害者に適正な金額の補償を得ることができたのでよかったです。

 なお、この方は、弁護士費用特約に加入されていたため、一切の弁護士費用の手出しなくサポートをさせていただくことができました。

お客様の声

お客様アンケート

2018.3.2掲載

むちうちで後遺障害の認定・適正な賠償を受けるポイント

交通事故の無料相談のご予約 相談料 着手金 0円 無料相談のご予約 0120-043-211 新規予約専用ダイヤル 平日9時~19時 メールでのご予約はこちら

おすすめコンテンツ

後遺障害等級認定サポート
弁護士選びのポイント
ご相談の流れ
弁護士費用